営業内容

 

干し柿用渋柿

渋抜き用渋柿

渋抜き済み

 

 

群馬県みどり市東町

花輪352 

関口秀雄
関口秀雄

支払い方法

代金引換  です

手数料320円 

 

 

 

 

お届け方法と送料

佐川で発送します。

送料は20kgごとに980円です

 

四国 九州と北海道は1300円になります。

到着は翌々日になります。

ネット

 メール

FAX

0277-97-3187 

 電話

0277-97-2251

 

 FAXのコピー 

 

 

リンク

 

オジーの店

鈴虫マツムシ販売

      27年の販売終了します

近所のギンナンの星野農園から販売を頼まれました。

全ての銀杏の木は、藤九郎という種類で約1000本あります。

見事に実ったところです、26年度は約10トン収穫しました

その内訳は3Lが約1割、2Lが2割 LとMが4割 残りがそれ以下でした。

粒がでっかいよ、こんな銀杏見たことありますか。

すべて藤九郎という種類の銀杏です26年は9月20日から収穫が始まりました。

27年の発送は 9月25日すぎの予定です

3Lは余り出回りません500gでの発送です、

 

いままでは3Lと2LとMは市場に出荷していました。

Sは近所の直売所に出していました。

普通の銀杏はMかSです。

大きさ別数量 500gで約

 3L 138個 2L 155個 M171個 S 212個

こんな大きい銀杏を食べてみませんか。

大きさの比較です

3Lは100円玉が隠れてしまうほど大きいです。

 

 

 

購入後のご注意

銀杏は生ものですので、ご購入後は直ぐダンボール箱から取り出して、直射日光の当らない、場所に保管してください(カビに注意).美味しく頂けます 。表面がカビても中身には問題ありません。なるべく早くお召し上がりください

沢山の場合には水の中に入れて保管しているところもあります。

長く保存したい場合は殻をむき、中身を塩ゆでして冷凍庫に保管してください。

 

 

 

返信の注文には880円が記載されていますが

 

銀杏の送料は何キロでも 

   750円

九州 1000円

北海道1000円



農園入口のサムネール画像入り口には彼岸花が咲いています。

農園入口の彼岸花のサムネール画像


銀杏畑のサムネール画像


銀杏畑には約1000本の銀杏の樹が植えられてあって荘厳です。

銀杏の産地といっても小規模農家から集荷して産地となっているのが一般的ですが、

一農園で1000本というのは非常に多いと思います。

1000本まとめて管理することによって高い品質の銀杏を安定的に供給することが、可能になるようです。収穫は大変な作業です。

銀杏の皮むきのサムネール画像


銀杏の乾燥機のサムネール画像


銀杏の皮むきは機械で行っております。皮がむかれた銀杏はきれいに水洗いされ乾燥します。

銀杏の

g109-122_2.jpgのサムネール画像


箱詰めは3kgずついれています

星野長太郎さんのサムネール画像


ギンナンの星野農園

星野長太郎氏です


岐阜県瑞穂市只越地区にある西蓮寺
そこに『藤九郎(とうくろう)ギンナン』と呼ばれるイチョウの大木があります。

『藤九郎ギンナン』とは、かつて瑞穂市穂積地区に住んでみえた井上藤九郎氏の庭にあったイチョウで、その実は「普通の銀杏よりは大粒であって、1.9倍も重く、殻の厚さが逆に薄く表面は滑らかで光沢があり、長く貯蔵出来てしかも美味であるといういくつかの特徴を持っている極めて優れた銀杏」だそうで、突然変異でこの銀杏ができたそうです。井上藤九郎氏の名を取って通称『藤九郎ギンナン』と呼ばれています。

その原木は、大正時代まであったそうですが、台風で倒れ枯れてしまったとか。
しかし、接木したものが市内外に数本あり、この西蓮寺にある藤九郎銀杏が樹齢120年と一番古い木なんだそうです(樹高15m・幹周り3m。岐阜県指定天然記念物)。

現在、境内は藤九郎銀杏の葉っぱで黄色く覆われていました♪↓


下記の表にあるように、実が大きく、皮が薄く、美味です。そのため一般にはあまり出回っておりません。

 

金兵衛
(きんべえ)

 

早生


殻のキメが粗く、長円型(殻の先が尖っている)で黄味を帯びている。

早出し銀杏として8月頃より出荷される。

 

久寿(久治)
(きゅうじゅ)

 

中生


殻のキメは細かく白い。円形をしている。又、苦みが少なくモッチリとして食味は最高だが、貯蔵性に欠ける。


 

籐九郎
(とうくろう)

 

晩生


一番の大型で豊円形をしているのが特徴。殻のキメが細かく白い。又、殻が薄く割りやすい。品質、食味ともに良好で貯蔵性に優れている。

 

栄神
(えいしん)

 

中生


他品種に比べて落葉期が遅い。

外観は籐九郎と金兵衛の中間。籐九郎より小型で金兵衛より殻のキメが細かい。
又、殻が薄く割りやすい。
外観、食味ともに良好。